本文へジャンプメインメニューへジャンプ
鹿児島県中種子町 自立・勤労・共生Copyright(c)2009 Nakatane Town All Right Reserved.
Nakatane Town Homepage文字の大きさ小中大
トップへ戻る

国民健康保険





国保で受けられる給付

 次のような場合は、かかった医療費をいったん全額自己負担しますが、申請により国保が審査し、決定した額の7割(70歳以上の方は、7割又は9割)があとで支給されます。

1.やむを得ず保険証を持たずに治療を受けた

 不慮の事故などで国保を扱っていない病院で治療を受けたり、旅行先で急病になり保険証を持たずに診療を受けた時などの場合。

 ■必要なもの
  • 申請書
  • 診療内容の明細書
  • 領収書
  • 保険証

2.コルセットなどの補装具代

 ■必要なもの
  • 申請書
  • 医師の診断書(又は意見書)
  • 領収書
  • 保険証

3.医師の同意または指示で、はり・灸・マッサージなどの施術を受けた

 ■必要なもの
  • 申請書
  • 医師の同意書
  • 明細な領収書
  • 保険証

4.高額療養費の支給

 病気やけがで医療機関にかかり、医療費の自己負担額が高額になった場合、支払った金額の一部が支給されるものです。
 入院などで医療費の自己負担額が1ヶ月に一定額を超えて支払った場合に、その超えた額を国民健康保険が負担し、申請により後日払い戻されます。
 医療費は、月の1日から末日までを1ヶ月として、医療機関、入院、通院、歯科ごとに、別計算となります。なお、差額ベッド代など保険対象外の医療費は含みませんのでご注意下さい。
 該当者と思われる方には、通常診療月の翌々月に役場から通知しますので、その通知文書と国民健康保険証、印鑑、医療機関の領収書をお持ちのうえ、町民保健課国保年金係の窓口で申請して下さい。

【お問い合わせ】
中種子町役場 町民保健課 国保年金係
電話 0997-27-1111 内線 220・217


出産育児一時金の支給

 平成21年10月から直接支払制度(産婦人科医院等で手続)が実施されています。
 ただし、直接支払制度を利用しない場合または出産費用等が出産育児一時金を下回った場合は、差額を支給しますので、下記の書類を準備してください。

 ■必要なもの
  • 医師または助産師が発行した出生証明書等
  • 医療機関等から交付される代理契約に関する文書
  • 医療機関等から交付される出産費用の領収・明細書
  • 死産・流産の場合は医師の証明書
  • 申請書
  • 保険証
  • 母子健康手帳
  • 印鑑
  • 預金通帳(口座振込を希望する場合)
【お問い合わせ】
中種子町役場 町民保健課 国保年金係
電話 0997-27-1111 内線 220・217


葬祭費の支給

 被保険者が亡くなったとき、葬祭を行った人に支給されます。

 ■必要なもの
  • 申請書
  • 死亡証明書
  • 保険証
【お問い合わせ】
中種子町役場 町民保健課 国保年金係
電話 0997-27-1111 内線 220・217


人間ドックの助成

 病院で人間ドックを受けたとき、支給されます。

■必要なもの
  • 申請書
  • 人間ドック結果報告書
  • 領収書
  • 保険証
【お問い合わせ】
中種子町役場 町民保健課 国保年金係
電話 0997-27-1111 内線 220・217


第三者行為

  第三者の行為(交通事故,傷害,犬咬み等)によってけがをして、医療機関にかかる場合、治療費は加害者が負担するのが原則です。その場合,国保では医療費を一時的に立て替え、あとで加害者に請求することになります。
 その場合「第三者行為による傷病届」を町民保健課国保年金係窓口に提出し,届け出を行ってください。


 ■届け出に必要な様式 ※届け出には上の様式と,けがをした人の保険証及びマイナンバーが確認できる書類と印鑑が必要です。
【お問い合わせ】
中種子町役場 町民保健課 国保年金係
電話 0997-27-1111 内線 220・217

中種子町役場〒891-3692 鹿児島県熊毛郡中種子町野間5186番地 Tel:0997-27-1111